img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
  1. ホーム
  2. リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S
リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S カップ&ソーサー
リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S カップ&ソーサー
ehntJuCEGPQRV123-33253
14,310円 38,720円

サイズ:200cc
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

「初夜権」 とは、領主や酋長などの権力者、または神官や僧侶などの聖職者、あるいは長老や年長者といった世俗的人格者などが、所有する領地や統治する共同体において、婚約したばかりの男女や結婚したばかりの新婚夫婦が存在した場合、その初夜において新郎よりも先に新婦と性交することができる権利を指す。
または、成人の年齢や結婚適齢期を迎えた女性と何らかの性行為を行い、その処女性を奪うことができる権利なども指す。
初夜権について記録された文献は古今東西に多く存在しているが、伝聞や伝承の記録に留まることが多く、その真偽については「形骸化された儀式や儀礼や「結婚税などの徴収理由として方便化したり風聞化したもの」、あるいは「成人への通過儀礼を拡大解釈したもの」などと見なす専門家が多い。

『フィガロの結婚』は、フランスの劇作家ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲を題材にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ作品である。オペラ作品のリブレット(台本)はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書いた。

第1幕
奥方ロジーナに飽きが来た伯爵が廃止を宣言した 「初夜権」を復活させたいと画策し始める。
伯爵が初夜権を狙うのは婚約者フィガロのいるスザンナであった。
奥方とは何とか伯爵に浮気を仕掛け弱みをつかみ初夜権の復活行使を阻止しょうとする。
フィガロはマルチェリーナに「借金を返せなければ結婚する」という証文を握られていてその防戦に悩まされ 伯爵からスザンナを守るのにやきもきする。フィガロに復讐を目論むバルトロはマルチェリーナに与し攻撃の片棒を担ぐ。

第2幕
伯爵夫人とスザンナは伯爵への囮捜査を小姓のケルビーノに一役買わせようとする。
ここでケルビーノが有名な「恋とはどんなものかしら」を伯爵夫人に歌う。
3人の計画は 強大な権力者になかなか歯が立たない。それどころかバルトロとマルチェリーナと音楽教師のバジリオの3人が例の証文で訴訟を起こすという。伯爵はこれで勝ったと思い、結婚式の前に裁判を行うことにする。

第3幕
スザンナは、奥方と相談して2人だけで伯爵を罠にかけようと考えた。
伯爵の言いなりの裁判官が当然マルチェリーナの訴えを認める判決を下した。
借金を払うか私と結婚かを迫るマルチェリーナに フィガロは 貴族の出自で結婚に親の許可がいるが幼児の時にさらわれて親が判らない。
更に貴族の証 腕の紋章を言い立てるとそれが右腕にあると知っていたマルチェリーナがフィガロの母親で バルトロは父親と判明する。スザンナとフィガロたち親子が幸福に歌い交わし、作戦に失敗した伯爵と判事が失望して歌うが、これをひとつの曲に見事に納めているわけである。
この曲はモーツァルト自身もお気に入りだったという。バルトロとマルチェリーナは、この際だからということでフィガロたちと同時に結婚式をあげることになった。しかし諦めの悪い伯爵の初夜権復活阻止にスザンナ 失った愛の回帰をかけたロジーナ 2人は伯爵を懲らしめる恋文作戦を仕掛ける。
フィガロとスザンナ、バルトロとマルチェリーナの結婚式 フィガロにひそかに作戦が行われた。宴も盛り上がり、一同で伯爵夫妻を称える合唱で幕となる。

第4幕
伯爵邸の庭、伯爵への恋文がスザンナのもの そして囮とは知らず怒るフィガロ なだめるマルチェリーナ フィガロが知ってしまったと知らぬスザンナと伯爵夫人が衣装を交換して伯爵を嵌め 出演者総出でその思惑から演じるドタバタ喜劇?
女性の本性の浅ましさや嫌らしさを 心を乱し歌うフィガロ、「男ども目を見開け」。スザンナは歌う「とうとう嬉しい時が来た~恋人よここに」を。

(フィナーレ)
続く フィガロ 伯爵 スザンナに扮する伯爵夫人 伯爵夫人に扮するスザンナ ケルビーノ バルバリーナ まだまだ総出のドタバタ喜劇?
伯爵はスザンナだと思い込んだ自分の妻を口説き始める。フィガロは知ってスザンナ扮する伯爵夫人を口説き始める。続くよ続くドタバタ喜劇? やがて誤解は解けて大団円。一同が伯爵夫妻を祝福して歌い、幕となる。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが 
お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アマデウスシェープ アール・デコ様式

ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
ジオ・ポンティ原型 
建築家としても知られた アート・ディレクターの ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名

声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。
手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩
重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。

本金は 古色が付きます。
風格がある 古色は捨て難いのですが 軽く磨けば 元の金ピカになります。

お店で アマデウスの唄・ブルーを 見たお客さんが 言われます。
美しいですね。明るい濃紺色ですね。

私は お答えします。
コレはよく お部屋の飾りとして 買われます。
ジノリ 中興の祖 ジオ・ポンティ造型に ヴィオラさん原画の 手工芸・美術品です。
それにしても 二人の巨匠による この逸品を  美しいといわれる 貴方のお眼は 時空を超えて 両巨匠のお眼眼と 一体です。

「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」
そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
洋食器店 そう呼べるのが アインです。
なぜ アインが?
それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
オーケストラ それは洋食器です。
されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。














アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

アマデウスシェープ アール・デコ様式
ミュージオ・ドッチア
ジノリの誇り ドッチア窯 金ロゴ
ジオ・ポンティ原型
 建築家としても知られた アート・ディレクターの
 ジオ・ポンティ氏は リチャードジノリの中興の祖としても有名
声楽家・デザイナー クラウディオ・ラ・ヴィオラ原作 金サイン・バックロゴ
ギリシャ神話や アマデウス・オペラのイメージを 美術工芸洋食器に表現。
 手塗 銅板転写 ハンドトランスファー 手描き金彩
重厚な歴史感溢れる 銘作中の銘作も 手工芸品のコストアップに 耐えられず 早くに廃盤に。





リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S カップ&ソーサー

https://backside.jp/column-112/
19951

column

リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S カップ&ソーサー

2021.04.17


例年よりも早く札幌の街に根雪がなくなった日から、およそ3週間後にあたる4月14日。札幌駅から車で約20分、標高わずか483mのさっぽろばんけいのコースにも雪はほとんどなく、土がむき出しの状態だった。しかし、その麓には国内有数の国際規格を誇るスーパーパイプが残されていた。いや、除雪した雪を捨てる雪堆積場から何百台ものダンプで運び込んで造成されたものだ。前日の予選時は泥混じりで白い部分がほとんどない状態だったが、決勝当日に合わせて造られていたのか、シェイプしたことで形状も見た目も格段によくなり決戦の舞台は整った。
 
saj(全日本スキー連盟)全日本スノーボード選手権ハーフパイプ大会が行われ、その結果は周知のとおり今シーズン負けなしの世界王者、戸塚優斗が優勝。そして2位に平野歩夢、3位には歩夢の弟である海祝が食い込んだ。本記事では、マスメディアが報じてきた速報記事では知ることができない、決戦の舞台裏を紐解いていくことにする。
 
今大会は、平昌五輪以降スケートボードで東京五輪出場を目指すためスノーボード競技から離れていた歩夢が、北京五輪の日本代表に入るためには絶対に外せない一戦。ということもあり、テレビから新聞、ニュースサイトに至るまで、多くののマスコミが予選から会場に駆けつけていた。
 
予選はパイプ形状に対する不信感と練習できる本数が少なかったため、かなり控えめのルーティンで3位だった歩夢。「とにかく練習したかった」と大会後に吐露していたのだが、公開練習が始まるやいなや先頭で滑り下りてきた。予選の3、4ヒット目はバック・トゥ・バック540だったところを、この日は練習の1本目から900で合わせてきた。本人の気持ちはもちろん、パイプのシェイプも上々のようだ。
 
全日本選手権の決勝とはいえライディングレベルの格差が大きいうえに、スキー決勝も同時に行われるためスキーヤーも混じっている中、ヒヤッとする場面も。歩夢の前を滑走していて転倒したスキーヤーは後方への意識が欠如していたため、ラストヒットでbs900を完璧に着地するも激突しそうになったのだ。スキーヤーの転倒にはもちろん気づいており、自らのライン上に交錯することも予想できたそうだが、「それでもその1本を逃したくなかった」とのこと。決勝に向けての練習に余念がなかった。
 
その甲斐あってか次のランでは、fsダブルコーク1440→cabダブルコーク1080→fsダブルコーク1260→bs900を完璧に成功させたのだ。パーフェクトとはいえないハーフパイプのコンディションにおいて、この高難度なルーティンを決めた瞬間「(歩夢は)本当にスノーボードから離れていたのか」とinstagramのストーリーで思わずつぶやいてしまった。まったくブランクを感じさせない圧巻の滑りを披露してくれたのだった。
 
一方、優斗はfsダブルコーク1260(1440狙いだったのか?)での着地が若干リップに乗り上げてしまい激しく転倒。今シーズンの国際大会で、これらの大技で転倒したシーンを見たことがなかっただけに心配したが、そのまま練習を続けていたのでひと安心。しかし頭が痛むと関係者に漏らしていた。
 
40分の公開練習を終えると、時刻は16時40分を回ったところ。決勝は17時のスタートが予定されていた。ナイター照明が灯り、スキー女子→スキー男子→スノーボード女子→スノーボード男子の順で2本のランを繰り返す。予選順位の下位からのスタートとなる。
 
1本目のランは歩夢と優斗ともに、ファーストヒットで繰り出したfsダブルコーク1440の着地に嫌われる結果に。歩夢は回転が若干余ってしまい、その逆に優斗はやや足りなかった。公開練習で歩夢は十中八九この超大技を決めており、先述したとおり優斗がこのトリックで転倒しているシーンを近年見たことがない。日没が迫っている時間帯だっただけに見えづらく、気温が下がったことで雪質の変化も大きかったと大会後に歩夢が教えてくれた。
 
1本目を終えた時点で、fsダブルコーク1080→cabダブルコーク1080→fs900→bs900というルーティンを高さあるエアで決めていた海祝がトップだった。その海祝は2本目、3ヒット目をfsダブルコーク1260の大技に変更してさらなる高ポイントを狙うも転倒。それを見ていた兄・歩夢は弟が持つ84ポイントを抜くべく、運命のラストランを迎えた。そのタイミングでは完全に日が沈み、いざ、ドロップイン。
 
1ヒット目のfsダブルコーク1440は着地時にヒールサイドに少し流れてしまうもなんとか耐えると、2ヒット目は失速していたため先行動作をやや強く入れなければならずボトム側に弾かれながらもcabダブルコーク1080をメイク。そして、3ヒット目のfsダブルコーク1260では着地でトウサイドに乗ってしまうも見事に耐え抜いた。しかし、ファースト&サードヒットで谷側にラインが流れてしまっていたことから、ラストヒットのスピンが入り切るかどうか。固唾を呑んで見守っていた。
 
定かではないが、パイプのエンドラインに近かったことから着地に利用できるトランジションが少なかったため、よりリップラインに対して垂直気味にテイクオフしたのかもしれない。bs900は高さある放物線を描くもボトム側に大きく弾かれてしまい万事休す……かと思いきや、リカバリーで雪面に手をつくこともなく、ほぼフラットに近いトランジションにストンプしたのだ。これには思わず「スゲー!」と声が出てしまった。ほとんどのスノーボーダーが転倒するだろう強い衝撃を受けながら、見事着地を成功させたのだった。
 
大会後に歩夢を直撃すると、スケートボードでのオーリーが身体に染みついてしまっていることと、足が固定されているが故にリカバリーが難しいスノーボードだが、スケートボードを通じて得られたバランス感覚が役に立っていると教えてくれた。まさに、そうした部分が顕著に表れていたランだったように感じた。こうした彼の進化については、弊誌の来季号で余すことなくお届けする予定だ。
 
結果としては全体の完成度が低いとジャッジされたのだろう。89ポイントとルーティンの難度を鑑みると低い得点となったが、その点数だけでは計り知れない歩夢の進化を垣間見ることができた。
 
いよいよ残すところ2名。優斗の2本目、ファーストヒットをfsダブルコーク1440ではなく1260に変えてきた。危なげなく着地すると2ヒット目でbs900をクリーンに決め、3ヒット目にfsダブルコーク1440を組み込んできたのだ。そして、cabダブルコーク1080につなげて成功させると小さくガッツポーズ。勝負強さを遺憾なく発揮した。94.25ポイントを叩き出してトップに。
 
予選を1位通過していたため最終出走だった片山來夢が3ヒット目でfsダブルコーク1260をミスしてしまった瞬間、優斗の優勝が確定。雪上復帰で大きな注目を集めていた歩夢を破ったうえで連勝記録を伸ばし、今シーズン無敗という有終の美を飾ったのだった。
 
しかし、なんとなく違和感が残っていた。決勝2本目の優斗のルーティンを見たことがなかったからだ。表彰式が行われる会場で、japan snowboard teamハーフパイプのコーチを務めているプロスノーボーダーの村上大輔にその話をすると、どうやら1ヒット目はfsダブルコーク1440を狙っていたそうだ。ということは、180回転が足りずにレギュラースタンスで着地した瞬間、ルーティンを急遽変えたということになる。リカバリーランがあの滑りと考えたら、背筋がぞっとしてきた。優斗が現時点での世界王者であることは紛れもない事実だが、その強さの本質はリザルトを見るだけでは理解できないのかもしれない。
 
平野歩夢と戸塚優斗。2022年の北京五輪では、この両名が頂点を争うことになるだろう。彼らの真価を知ることができた、中身の濃い大会だった。
 

text + photo: daisuke nogami(chief editor)

リチャードジノリ・アマデウスの唄 ブルー ティーC/S カップ&ソーサー

load posts

KUPONYONLINE.PL RSS